インターネット初めて講座 » そもそもインターネットってなに? »インターネットは巨大なクモの巣?

インターネットは巨大なクモの巣?

今ここに、2台のコンピュータがあると考えてください。

この2台をケーブルでつないで、
お互いにデータを送ったり受け取ったりできるようにします。

これが、コンピュータ・ネットワークの一番簡単なモデルです。

数を3台にすれば、
コンピュータは3本のケーブルで三角形につなぎあわされることになるでしょう。

さらに4台、5台と増やしていけば、
コンピュータ同士はクモの巣のように複雑につなぎあって、
ケーブルが絡み合っていくはずです。

そして、その「クモの巣」につながれたコンピュータが何百万、何千万台にもなった姿……
それが、今のインターネットなのです。

インターネットを
「ウェブ(英語でクモの巣を意味する言葉です)」と呼んだりする理由の一つが、これです。

ですが、このクモの巣には親グモはいません。

コンピュータは「互いにつながれている」だけで、
はっきりとした中心や責任者はいないのです。

だからこそ、インターネットは自由だと(ときには、無秩序だと)言われているのです。

インターネットは、
どこかの会社が運営しているわけでもなければ、
「インターネット」という組織があるわけでもないのです。

インターネットとは、
世界中のコンピュータをお互いにケーブル(無線の場合もありますが)でつないで
データを送りあえるようにした、とても巨大なコンピュータ・ネットワーク……ただそれだけなのです。